サステナビリティ労働安全衛生

方針・基本的な考え方

当社グループは、従業員が安全で健康に働けるよう、グローバルで安全衛生管理の強化に取り組んでいます。安全衛生活動を定期的に実施し、一人一人が危険に気づき、仲間同士でも相互注意のできる文化を醸成し、グループ全体の災害を防止していきます。

体制・システム

GSQ部(Global Safety and Quality Promotion Department)を中心として、「人命と健康」を守ることを第一に、火災や流出、事故の防止のために活動を推進しています。

取り組み

GSQ部による海外拠点の工場の安全・品質診断

GSQ部は、国内外グループ会社が一丸となって安全、安定操業の継続に取り組むべく、2021年度はコロナ禍における移動制限の中、リモートでの安全診断のノウハウを確立し活動を進めました。2022年度は、Kansai Helios (スロベニア)、Kansai Altan Boya Sanayi VeTicaret A.S(トルコ)、U.S. Paint Corporation(アメリカ)を訪問し、工場の安全・品質診断を実施しました。安全に関する規制や法律は国によって異なる部分もありますが、「なぜやるのか」という目的は同じです。目的をしっかりと共有し、グループ各社で学びあっていくことについて本社である日本がリードしていきます。中央環境安全衛生診断の機会を活用し、日本が指導するだけでなく、各地域での取り組みの良い点・悪い点を学び合い、各地で実践することで各地のリーダー育成にもつなげていく計画を進めています。