約10万円の電力・空調コスト削減、約530kgのCO2排出量削減を実現。

Plant

約10万円の電力・空調コスト削減を可能に

省エネルギー法の改正に伴って

エネルギーの使用量が1,500KL/年以上の企業は、省エネ法の対象となります。企業全体のエネルギー使用量を把握するとともに、エネルギー使用効率を毎年1%以上改善する努力が求められます。

アレスクールなら、グリーン購入法の特定調達品にも採用されているうえ、夏場の室内温度上昇を抑えることによって、空調コストの削減にもつながります。

約530kgのCO2排出量削減を実現

ETV性能評価をクリアした品質

第三者機関の客観的な評価によって、先進的環境技術を実証する事業のことを「環境事業実証事業(EnvironmentTechnology Verification)」と呼び、環境保全効果のある事業に対し、環境省は「ETVマーク」の表示を許可しています。

アレスクールは、ヒートアイランド対策技術分野で「ETVマーク」を取得。屋根を遮熱し、室内温度の上昇を抑えることにより、エネルギー使用量の抑制にもつながります。

Simulation

省エネ効果シミュレーションで分かりやすくCO2削減量を計算。

省エネ効果シミュレーションとは、屋根を一般塗料からアレスクールに塗りかえた時に、屋根の表面温度や室内温度、またエアコンの消費電力がどれくらい下がるかを計算するものです。

弊社シミュレーションは「SMASHver.2」※を用いています。モデル的な建物に構造等の条件(素材の種類や色)を入力し、アレスクール塗装による省エネ効果を算出することで、数値化して確認することが可能です。

※SMASHver.2 (財)建築環境・省エネルギー機構のシミュレーションソフト

Data(上記シミュレーション)

塗色:ナスコン
・屋根素材:鋼板0.4mm/
 ポリエチレンフォーム4mm
・外壁素材:ALC120mm/
 石膏ボード12mm
・屋根面積:300m2
 
・室内面積:2400m2
・床面積:300m2
・冷房稼働時間:8〜17時
 (年中)、室温が28℃を超えた場合
 にのみエアコンが稼働すること。
 
・設定温度:28℃
・換気回数:夏場1回/H
・地域:東京
特長へページトップへ