ALESCO
サイト内検索
詳細に検索するサイトマップGlobal Site
KANSAI PAINT CO.,LTD.
製品情報お役立ち情報スペシャル
業務用家庭用カタログ請求戸建・集合住宅塗替研究開発情報Kanpe Friends
会社情報・IR情報採用情報調達情報環境への取り組み お問い合わせ
重防食用塗料
重防食用塗料
製品説明書
塗装仕様書
技術資料


技術資料

コンクリートを保護しよう!
コンクリート構造物は、標準耐用年数が50年と長く、近年まで、コンクリート劣化が十分に理解されていなかったため、メンテナンスするということがありませんでした。
しかし、コンクリート構造物の主材はセメントで、一般にこの種の材料は、強いアルカリ性を示し、空気中の二酸化炭素や酸性雨による酸類との反応で中性化し、表面の粉末化、ひび割れなどが発生するとともに、素材の機械的強度が低下します。さらに吸水性も高く、これは素材の劣化を早めるとともに、コンクリートの内部の鉄筋の腐食(体積膨張4倍)、アルカリ骨材反応(膨張)、吸着水の凍結膨張などにより、コンクリートの破壊が発生します。
以上のことより、コンクリート構造物のライフサイクルをできるだけ長く保つためには、メンテナンスが不可欠ということになります。

因 子 要 因 結 果
環境因子 酸性雨 中性化
施工因子 海 砂 塩 害
砕 石 アルカリ骨材反応
地域因子 凍結防止剤 塩 害
凍 害

■鋼材の腐食(PHとの関連)

鋼材の腐食(PHとの関連)

■塩害中性化
水分の浸透と共に塩分、炭酸ガス、酸素が浸透し、コンクリートの中性化進行する。それにより、鉄筋が腐食し、体積膨張(2.5倍)することによりコンクリートにひび割れを生じさせる現象。



■アルカリ骨材反応
アルカリ骨材反応

コンクリート中のアルカリ分(Na・K)と骨材中の有害シリカ成分(SiO2)が反応して生成した膨張性のゲル状物質が、吸水し、膨張することによってコンクリートにひび割れを生じさせる現象。

対策・検討
各政府機関、公団では、コンクリート防食対応に急務を要した背景から、試験研究、実態調査等をもとに、昭和62年の「コンクリート防食塗装指針(案)」をはじめとして、平成3年に「コンクリート防食指針(案)」を作成し、その後、試験研究、施工実績等の様子を見ながら、平成5年そして平成9年と随時、改訂を行い、設計、施工をしています。

剥落事故
高架橋及び橋梁におけるコンクリートの剥落等が昭和60年頃から相次ぎ、原因の究明とその対策についての検討が行われました。剥落箇所の補修や劣化の予防工事を行ってきましたが、その後もコンクリートの剥落が続き、平成11年7月以降、高架橋等の緊急点検等を実施、補修を行いました。


Kansai Paint Co.,Ltd. All rights reserved.
当社ウェブサイトのご利用にあたって