ALESCO
サイト内検索

詳細に検索するサイトマップGlobal Site
KANSAI PAINT CO.,LTD.
製品情報お役立ち情報スペシャル
業務用家庭用カタログ請求戸建・集合住宅塗替研究開発情報Kanpe Friends
会社情報・IR情報採用情報調達情報環境への取り組み お問い合わせ

自動車用塗料
自動車用塗料
トピックス
新車用塗料
補修用塗料
製品一覧
調色配合問合せ
トラブルシューティング
機能材料

自動車塗料分野イメージ
カラートレンドを予測し、魅力のある個性的な色彩を開発。

自動車用塗料はわずか数十ミクロンの薄い塗膜で、過酷な環境からボディを長期にわたって保護する使命があり、常に塗料の最先端技術が投入されます。近年、世界的な地球環境保全への関心の高まりから、自動車用塗料も水性化の志向が強まっていますが、以前からこうした動向を先取りして研究・開発を重ねてきた関西ペイントではいちはやくニーズに対応し、高いシェアと信頼を獲得しています。
自動車はわたしたちの暮らしに不可欠なものであることはいうまでもありませんが、輸送や交通手段といった直接的な目的に加え、ドライブ、レジャーやショッピングなど、ユーザーのライフスタイルを演出するツールとなっています。したがって車の色彩は、ファッションカラーがそうであるように、カーオーナーの多様化するライフスタイルや個性の発信・メッセージであるということができます。魅力的なボディカラーは車の商品性を高めるためにますます重要となってくるでしょう。カラーポピュラリティを予測し、魅力的なボディカラーを実現する色彩・意匠を開発して自動車メーカーに提案するのも、わたしたち塗料メーカーの重要な役割です。

自動車用塗料

21世紀に入り自動車塗料技術や塗装技術は大きく変化しています。塗料本来が持つ使命に加え、環境に対応することが国際的に強く求められるようになりました。日本でもPRTR 法の成立により、VOC や廃棄物などの各種エミッションの削減を目指すとともに、水性化、粉体化に向け、積極的に開発が進められています。
自動車ボディの電着塗装

電着塗装は、他の塗装システムに比べて袋部構造をもつ被塗物への付き廻り性に優れ、さらに防食性が優れているため、自動車の下塗り塗装として一般的に使用されています。関西ペイントではより効率的で優れた製品を開発し、鉛フリー塗料をはじめとする環境に配慮した塗料の開発に積極的に取り組んでいます。
アドバンスカラーのプレゼンテーション

自動車の上塗り塗料の着色層は約15ミクロンと商品パッケージによく使用されるセロファン程度の厚さです。この厚さの中でメタリック感や深み感など、魅力的なカラーを開発するとともに数年先のカラートレンドを予測し、自動車メーカーに対して定期的なプレゼンテーションを通じて色彩提案をしています。
レタンPGハイブリッドエコ&HSシステム

自動車補修用塗料においても環境への対応と作業効率の向上が求められています。
平成16年より他社に先駆け「レタンPGハイブリッド エコ」(カラーベース)の販売を開始し、PRTR法への対応を実現しました。平成18年には、「レタンPGエコ HSシンナー」・「レタンPGエコ HSクリヤーQ」と「レタンPGハイブリッド エコ」を組み合せた『レタンPGハイブリッドエコ HSシステム』を開発、トータルの塗装システムでVOCを大幅に削減することが可能です。
レタンWBエコベース

溶剤系の環境対応型塗料である「レタンPGハイブリッド エコ」に対して、水性塗料の「レタンWBエコベース」は平成20年より販売を開始しました。環境面での対応(PRTR法への対応、VOCの大幅な削減)と良好な作業性(季節変動に応じた塗装仕様の確立、隠蔽性向上に伴う塗装回数の削減)を実現した究極の環境対応型塗料です。
ABIベストセレクション&BVターミナル

ABI2ベストセレクションは、国内主要自動車メーカーが過去十数年にわたって販売した標準配合および実車パーツ色の中で、使用頻度の高い塗色を厳選し掲載。配合検索は、ブロードバンドインターネット回線を使用した、Big Van ターミナルを使用し、取り出し可能なカードの見本を自動車ボディにあてることで簡単に比色が可能です。


Kansai Paint Co.,Ltd. All rights reserved.
当社ウェブサイトのご利用にあたって