大切な、
命と資産を
守るために。

関西ペイントが開発した「耐火テクト」は、
数々の優れた性能を有する次世代耐火被覆材です。

近年様々なデザイン建築物が増えており、耐火被覆に加え
屋外耐久性・デザイン性・工期短縮といった+αの機能が求められています。
耐火テクトはそれらを満たす安心な耐火被覆材です。

01

空間創造

薄膜で耐火性能を発揮し、高い仕上がり感が得られます。

鉄骨自体のフォルムを活かす仕上げが可能になります。

空間設計に余裕が生まれます。

02

屋外耐久性

高い耐水性により耐久性が増し、適用範囲が広がります。

微弾性タイプで鉄骨の変形に追従します。

省メンテナンスを実現します。

03

工期短縮

耐火認定膜厚(1H、2H)を1回で塗装可能になります。

二液反応硬化型なので工期の大幅短縮が可能になります。

鉄骨制作FABでのプレ施工、現場施工が可能になります。

国土交通省耐火構造認定番号一覧(2019年7月現在)

耐火時間 耐火膜厚
(mm)
認定番号 鋼材下限断面寸法 鋼材上限断面寸法
1時間 1.75 FP060BM-0480 H 400×200×8×13 H 1200×500×25×40
2.5 FP060BM-0488 H 200×100×5.5×8 H 450×200×19×25
1.25 FP060BM-0523 H 440×300×11×18 H 1300×1300×50×50
2時間 4.8 FP120BM-0505 H 400×200×8×13 H 1200×500×25×40
3.5 FP120BM-0531 H 440×300×11×18 H 1200×500×25×40

 

1時間 2.0 FP060CN-0707 □ 300×300×9 H 1200×1200×60
Φ 382×9 Φ 1200×60
3.0 FP060CN-0790 H 150×150×7×10 H 350×350×12×19
1.75 FP060CN-0806 H 300×300×10×15 H 1500×1500×40×50
2.0 FP060CN-0807 Φ 300×9 Φ 1528×60
2時間 5.0 FP120CN-0791 H 300×300×10×15 H 1300×1300×50×50
5.3 FP120CN-0799 □ 300×300×9 □ 1200×1200×60
Φ 382×9 Φ 1528×60

実績

公共事業福井県小浜美郷小学校

TOKYO2020 オリンピック施設大井ホッケー競技場

住宅プライムメゾン両国

商業ビル渋谷ブリッジ