塗料を変えるだけで・・・

蚊をノックダウン!
マラリアの感染予防に

虫よけ塗料の開発と
普及に尽力

日本ではあまり問題視されていませんが、マラリアはアフリカでは社会的な問題となっています。そこで関西ペイントグループは、防蚊塗料「Kansai Anti-Mosquit Paint」をザンビアとウガンダに上市しました。この塗料は、住宅の内装に塗るだけで蚊をノックダウンさせることができる画期的な製品です。防蚊塗料はもともと、南アフリカにある子会社が開発していましたが、グループ内の情報共有を推進するなかで、マラリアとよく似たデング熱対策にヒントを得て、応用展開に成功。まさに世界各国にグループを構え、ベストプラクティスを模索しているからこそ生まれた成功事例といえます。ザンビアへの上市にあたっては、JICA民間技術普及促進事業として、同国の保健省とも連携。約2年間実証モニターを行い、同国政府機関の認証を得た上で本格販売を開始し、安全面にも徹底的に配慮しました。

すでに東南アジア、日本などで販売が開始されている同製品。マラリア感染撲滅を掲げる国において、大きな期待が寄せられています。住宅だけでなく、公共、商業施設でも使用できる設計になっており、人や環境には無害なため、さまざまな生活シーンで活用できます。さらにグローバル展開をするためには、各国の規則・規定に適合した製品開発が必要となりますが、配合設計を改良することで柔軟な対応が可能。これもまた世界中にグループ内のネットワークを持つ関西ペイントならではの強みといえます。これからも官民連携の取り組みで、信頼性を高めながら普及を図り、世界中の人々の暮らしの安全を守り、経済発展へも貢献していきます。

COLUMN

防蚊塗料でアフリカの社会問題に挑む

防蚊塗料(AMP)は、蚊をノックダウンさせる機能があり、デング熱・ジカ熱が世界的に流行した2016年に注目を集めた製品です。2017年のTICAD(アフリカ開発会議)では、ブース展示やプレゼンを通じ、アフリカの3大感染症であるマラリア対策への可能性に対し、大きな反響を得ました。上市への取り組みをスタートさせたものの、防蚊剤が含有されているため、政府認可の取得が障壁となりました。そこでJICA(国際協力機構)との官民連携を図り、ザンビア保健省と折衝を開始。一般民家でのサーベイでは、世界最強といわれるハマダラカに対し90%以上のノックダウン効果を発揮し、「蚊がいなくなった」「窓を開放できるようになった」など、現地の方から喜びの声をいただきました。これにより認可が受領され、ウガンダ、南スーダンへの上市にも成功。社会問題に取り組む会社としての認知度も向上しました。今後も市場を開拓しながら、ペインターの育成と雇用促進を進め、さらなる社会貢献への挑戦を続けます。

山下 勝史

その他OTHER