営業部門(建築用塗料)
2015年入社

I・T

商学部 商学科

建物に宿る物語が、
自分の成長と重なる

塗料は視覚的に見えるものの中で、最初に目に入る製品であり、彩りを与えるだけでなく、調湿や抗菌などさまざまな機能を持ったものがあります。仕事の成果が目に見える形で感じられ、かつ商品力のあるメーカーで就職先を探していた私にとって、関西ペイントはとても興味を惹かれる会社でした。
実際、町を走る車や建物などを目にすると、自分の携わった物件の記憶がよみがえります。急な納期調整で配送手配が間に合わず、自分で現場に商品を届けた思い出など、苦労や失敗もたくさん経験しましたが、営業先の販売店やユーザーの方から得た信頼は、自分にとって大きな財産となっています。「あの建物の塗料ではこんなことがあったなぁ」と、関わった建築物を眺めながら、その背景にある自分の成長を実感しています。

良い結果は、
より良い関係性の中から

クライアントと信頼関係を構築する上で大事なのは、対面のコミュニケーションだと考えています。顔を合わせてしっかりと対話することで、解決できる課題や新たに見つかるニーズがあります。対話はクライアントだけでなく、社内の人とも欠かせません。自分ひとりでは行き詰まってしまうことも、周りの人の知識や経験を借りて乗り越えられるからです。
営業部は普段から活発に意見交換が行われ、些細なことでも相談しやすいです。相手の趣味や好きなものなど共通の話題などを見つけ、より相談しやすい関係づくりを心掛けています。技術部とも距離が近く、現場で気付いたニーズなどをすぐに伝えることができ、自分の意見が商品開発に生かされることもあります。信頼できる環境があるからこそ、失敗を恐れず、前のめりに仕事に打ち込めます。

経験を積み重ね、目指すべき頂上へ

選考中に接した人事の方のマニュアル通りではない丁寧な対応、自然体で語るOBの方のお話などから、関西ペイントの人の良さ、居心地の良さを感じました。入社後もその印象は変わりません。年齢の近い教育係がついてくれるJ T制度や、若いうちから大きな案件を任せてもらえる風土など、自然と成長できる環境が整っています。福利厚生面でも住宅手当や営業手当など手厚く、非常に恵まれていると感じます。
今後は、自動車用塗料や工業用塗料など建築以外の分野にも挑戦してみたいです。将来的には海外の大きなマーケットで関西ペイントブランドを広げていき、業界No.1企業の一員として飛躍できればと思います。

プライベートで熱中していることを
熱く語ってください

さまざまな文化や人に出会える旅行が好きです。社会人になってからも、年に1回は海外旅行に行っていました。またお酒が大好きなので、旅先ではその土地ならではの地ビールや日本酒などを絶対に飲むようにしています。帰ってきてから近所のスーパーなどでそのお酒を見て、旅行を思い出せることも魅力に感じます。
今はコロナの関係で旅行に行けないので、いろんなものをお取り寄せして楽しんでいます。