• TOP
  • CSR
  • 環境側面への取り組み

環境側面への取り組み

  • 環境に関する
    会社方針

    製品を使用されるお客様や原料となる化学物質を使用す る従業員の安全・健康の確保、また、製品の使用や企業 の事業活動により発生する環境負荷の低減などを考慮し、 関西ペイントでは、「地球環境問題に関する会社方針」を定 め、これをレスポンシブル・ケア活動の基軸としています。

    基本方針
    1. 1. 人間・環境への影響を配慮した製品を提供する。
    2. 2. 人間・環境への影響を予測した事前対策をとる。
    3. 3. 環境・安全・健康に対する認識を高め社会に貢献する。
    4. 4. 環境・安全・健康に関する情報を開示・提供する。
    レスポンシブル・ケア(RC)組織体制

    上記の基本方針を基に、製品の環境負荷低減、製品安全 の確保、お客様への情報提供、従業員の安全・健康の確保、 事業活動における環境負荷の低減などの活動に関わる目 標・計画の策定、進捗の管理を、製品環境安全委員会、市 場環境安全委員会、環境安全衛生委員会の三委員会で行っています。 各委員会の活動目標・計画の承認、活動の進捗確認、計 画の見直しを、三委員会の上位組織であるRC委員会、RC トップ診断で行っています。これらの委員会活動を通じ、アレスエコプランはじめ、 レスポンシブル・ケア活動を推進しています。

    スワイプで表全体をご覧いただけます

    レスポンシブル・ケア(RC)組織体制
  • 化学物質管理

    当社では、製品や原材料を使用するお客様や従業員の安 全・健康の確保、製品による環境負荷の低減のため、化学 物質の危険・有害性を考慮し、製品への使用を禁止する使 用禁止物質、新規設計への使用や用途を制限する使用制限 物質などを定めています。

    原料メーカーから提出されるSDSや原料見本説明書の情報から、これらの禁止物質・制限物質が製品に配合される 原材料に含有されていないかを原料登録及び製品配合作成の前に確認し、安全・健康の確保ができない状況や環境負荷が懸念される場合は製品に使用しないようにしています。
    また、新規の原材料を取扱う際や既存の原材料の取扱い方が変更される際には、労働安全衛生法で要求されるリスクアセスメントを技術担当者、生産担当者が実施し、より安全に取扱えるよう使用環境に応じた工夫を行っています。

    スワイプで表全体をご覧いただけます

    化学物質管理
  • 地球温暖化防止

    当社は資源やエネルギーを消費して製品を生産し社会に提供しています。限りある化石燃料を消費して地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を排出していることになります。したがって、メーカーである私たちが果たすべき役割は、生産段階でのエネルギー消費(二酸化炭素排出量)の抑制であるとの考えに基づき、 設備更新時に省エネ対策を進めています。

    二酸化炭素排出量削減

    2017年度の生産量は2016年度比で2.9%増加したこともあり、生産部門の二酸化炭素排出量も1.6%増加しました。
    一方、原単位では118kg-CO2/tになり、2016年度比で0.8%削減されました。

    CO2排出量の推移
    省エネルギーの推進

    生産部門のエネルギー使用量は2016年度比で1.6%増加しましたが、原単位では2016年度比で1.2%削減されました。
    これは各事業所で節電に取り組み、より効率的な生産方法を実践してきた成果です。今後も更なる省エネルギー活動に努めてまいります。

    エネルギー使用率の推移
  • 大気汚染防止

    当社はISO14001に基づき、各事業所の地域性を考慮して適用される法令や条例の基準よりも厳しい自主基準で運用しています。さらに、ボイラーの燃料を重油から都市ガスに転換し、排ガスのクリーン化を推進してきました。
    2017年度も法令・条例(規制値)・自治体等との協定値を超えた事業所はありませんでした。

    大気汚染防止への取り組み(生産事業所)

    NOx排出量は減少した状態を維持していますが、一方、SOxの排出量が増加しています。その理由は、一部の事業所で使用しているA重油に含まれる硫黄成分(基準値以内)の影響によるものです。今後も大気汚染物質を削減する取り組みを継続していきます。

    SOx・NOx・ばい塵排出量の推移
    SOx(硫黄酸化物)
    重油、灯油等の燃料や硫黄を含む廃棄物を燃焼した場合に発生します。
    二酸化硫黄と少量の三酸化硫黄からなりSOxと表記されます。
    NOx(窒素酸化物)
    ボイラー、焼却炉、トラック等の排ガスに含まれます。
    一酸化窒素、二酸化窒素等からなりNOxと表記されます。
    ばい塵
    すすや燃えかすの固体粒子状物質で、大気汚染防止法で燃料その他、
    物の燃焼または熱源として電気の使用に伴い発生するものと定義されています。
  • 水質源削減・
    水質汚染防止

    2017年度も冷却水の効率的使用、水道管漏水対策等の節水対策を進めることにより、水資源削減に努めました。

    節水の取り組み(生産事業所)

    2017度の水使用量は、2016年度比14.7%増となり、また原単位としても11.6%増加しました。
    今後、設備の洗浄方法を工夫するなど節水に取り組み、効率的使用に努めてまいります。

    水使用量の推移
    水質汚濁防止への取り組み(生産事業所)

    水質汚濁物質排出量の指標であるCOD排出量は、2016年度に比べて33.7%増加しました。これは生産量増加に伴い水の使用量も増加したためです。今後は水の使用量を意識すると共に廃水処理場が適正に稼動するよう管理を強化し、水質汚濁防止に取り組みます。

    COD排出量の推移
  • 廃棄物削減

    当社は、1999年度に「全社廃棄物削減チーム」を発足し、循環型社会形成のために廃棄物の3R、すなわち廃棄物の発生を削減(Reduce)、発生した廃棄物の再利用(Reuse)、再資源化(Recycle)を推進し、生産活動を通じて発生する廃棄物のゼロエミッションの達成を目指してきました。

    廃棄物削減への取り組み

    結果として、生産部門における再資源化率は、2017年度も100%となりました。今後もゼロエミッションを継続していきます。2017年度の廃棄物発生量は、2016年度と比べ0.5%増 加しましたが、アレスエコプラン2018で廃棄物削減活動 の指標とする廃棄物発生量(原単位)では、2016年から2.2 ポイント下回る2015年度比7.4%の削減となり、削減活動 は計画どおりに進んでいます。

    廃棄物ゼロエミッションの定義
    廃棄物発生量の推移(生産部門)
    廃棄物発生量に対する再資源化と廃棄物量の内訳
  • 有害性物質削減
    実績

    関西ペイントでは、人体や環境に悪影響を与える可能性がある有害性物質の削減に努めています。

    販売した製品中の鉛
    (2003年度を100とした時の相対量)

    鉛化合物を計画的に削減しており、その進捗状況を「販売した塗料中の鉛量」で評価しています。
    2017年度もこれまで同様に、鉛含有顔料を使用した製品 の廃止や他顔料への代替を行い、塗料中の鉛を削減してい ます。2017年度は2003年度比99.5%減まで削減し、削 減目標を達成しました。
    当社も、(一社)日本塗料工業会が宣言した「2018年度までに鉛含有塗料の廃絶」に合わせ、鉛化合物の削減を推し進めていきます。

    販売した製品中の鉛量の推移
    販売した製品中の六価クロム
    (2003年度を100とした時の相対量)

    六価クロム化合物を計画的に削減しており、その進捗状 況を「販売した塗料中の六価クロム量」で評価しています。
    2017年度は、防錆顔料の廃止や代替を主に進め、2003 年度比84%減の結果となり、削減目標を達成しました。
    六価クロム含有の防錆顔料は長期耐久性を要する用途 に主に用いられていますが、代替製品の開発と展開を進め、削減していきます。

    販売した製品中の六価クロム量の推移
    販売した製品中のT・X・EB(2015年度を100とした時の相対量)

    アレスエコプラン2018では、「販売した塗料及びシンナー 中のトルエン、キシレン、エチルベンゼン(T・X・EB)の量」 の目標を2015年度実績の維持といたしました。 2017年度も溶剤系塗料から水性塗料への移行やT・X・ EBからより有害性の低い他溶剤への代替を進めてまいりま したが、T・X・EB 含有塗料及びシンナーの需要が増加した ため、2015年度実績を4%上回る結果となりました。
    これからもT・X・EBの代替製品の開発や販売促進を行い、 T・X・EB量を増やさない努力をしてまいります。

    販売した塗料及びシンナー(製品)中のT・X・EB量の推移