ALESCO
サイト内検索

詳細に検索するサイトマップGlobal Site
KANSAI PAINT CO.,LTD.
製品情報お役立ち情報スペシャル
業務用家庭用カタログ請求戸建・集合住宅塗替研究開発情報Kanpe Friends
会社情報・IR情報採用情報調達情報環境への取り組み お問い合わせ

研究・開発
研究・開発
トピックス
基盤技術
塗装技術
塗料技術
色彩技術とデザイン
塗料の研究

トピックス

パターン型電波吸収体

電波吸収体の構成イメージ岡谷鋼機株式会社(本社:名古屋市、社長:岡谷篤一)と関西ペイント株式会社(本社:大阪市、社長:世羅勝也)は、高速道路のETC(Electronic Toll Collection、自動料金収受システム)などに使用される電波吸収体の開発に取り組んで参りましたが、このたび高速道路ETC工事向けに、パターン型電波吸収体“Wave−X”の販売を開始しましたのでお知らせします。

1.開発の経緯

"Wave-X"は、電波吸収体に関し長年の研究実績を有する関西ペイントが、独立行政法人通信総合研究所の技術をベースに、独自の開発を行ったものであり、電波吸収体表層にフォトリソグラフィーを用いて作製した精密な金属パターンを使用することで薄膜化・軽量化と電波の高吸収特性とを同時に達成したものであります。この金属パターンを用いた電波吸収原理は、効果的なジュール熱への変換と位相差による干渉として説明ができ、その技術についてはすでに関西ペイントの特許が成立しております。この技術を応用して製品化し、岡谷鋼機が製造、販売を開始したものです。

電波吸収の原理イメージ
1. 誘電材料の誘電損失や、磁性材料の磁性損失を利用して電波を熱に変換する。
2. 表面の金属パターンから反射する電波と、金属反射板から反射する電波の位相差(干渉)を利用して電波を消滅させる。


2."Wave-X"の特徴

"Wave-X"は以下のような優れた特徴を有しております。

  1. 薄膜かつ軽量である。
  2. 斜入射特性はじめ電波吸収性能に優れる。
  3. 表面保護フィルム“ファンタック”(関西ペイント製品名)との組み合わせにより99色のバリエーションが可能であり、美粧性・耐久性に優れる。
  4. 直貼り、パネル、天井吊り下げなど幅広いアプリケーションが可能であり、しかも取り付け施工が容易であるため作業効率が高い。
3.今後の見通し

このパターン型電波吸収体は、こうしたETC工事をはじめとして、ITS(高度道路交通システム)やDSRC(狭域通信)システムなど多様な用途にも対応するべく開発に取り組む方針で、岡谷鋼機としては、今年10億円、3年後には50億円の売り上げを目指します。

●資料:「金属パターンを用いた電波吸収体」(PDF形式 8ページ・1.6MB)


本件に関するお問い合わせ先:
岡谷鋼機株式会社 企画部 部長 松本恭一
電話 052-204-8133 ファックス 052-204-8215
関西ペイント株式会社 広報担当部長 豊加正治
電話 06-6203-5531 ファックス 06-6203-5018

製品に関するお問い合わせ先:
岡谷鋼機株式会社
東京本店 配管住設部 課長補 小幡一衛
電話 03-5323-3232 ファックス 03-5323-3239



Kansai Paint Co.,Ltd. All rights reserved.
当社ウェブサイトのご利用にあたって