ALESCO
サイト内検索

詳細に検索するサイトマップGlobal Site
KANSAI PAINT CO.,LTD.
製品情報お役立ち情報スペシャル
業務用家庭用カタログ請求戸建・集合住宅塗替研究開発情報Kanpe Friends
会社情報・IR情報採用情報調達情報環境への取り組み お問い合わせ

研究・開発
研究・開発
トピックス
基盤技術
塗料技術
塗装技術
色彩技術とデザイン
塗料の研究

塗装技術


液体や粉体から機能性薄膜を形成する技術

容器の中に入っている塗料はまだ最終製品ではありません。塗装というプロセスで物体の表面に塗られて初めて役割を発揮します。
塗装は塗膜の美粧外観に大きな影響を与えます。時には塗膜の性能にも影響します。また塗装するときに、物体の表面に付着しないで飛び散ってしまう塗料を出来るだけ少なくすることは、経済性と環境の両面で重要です。これも塗装プロセスで決まります。
塗料メーカーである関西ペイントが塗装の研究を行うのも、お客様に塗料・塗装一体となったサービスを提供して満足していただくためです。
例えば自動車塗料の研究・開発部門では自動車メーカーと同様の塗装ラインを導入し、実際の現場さながらの塗装実験で、データの収集や塗装の効率化を追求しています。
Paint in a can is not an end user product yet. Paint becomes a valuable material to play its role only when it is applied to the surface of an object through a process of "application". Application plays a big part in determining the appearance of the coated film.
It often affects paint film performance, too. It is also of great importance for both economy and environment to minimize the overspray of paint which falls off the substrate or becomes airborne without attaching to the surface of object.
Being a paint manufacturer, Kansai Paint researches "application" technologies to win a customer satisfaction by providing an integrated system and services of paint and application.

For example, the R&D division of automotive OEM coatings introduced a full-size application line to its laboratory at Hiratsuka which is identical to the one at a car manufacturer, thus gathering necessary data and pursuing economy on both paint and application in practical manners close to customers' job side conditions.


Kansai Paint Co.,Ltd. All rights reserved.
当社ウェブサイトのご利用にあたって