KHD-321
38/42

-37-環境対応型省工程重防食塗装システム『ユニティーモⓇ』従来工法3回塗り従来工法4回塗り※狭隘部やエッジ部など、膜厚確保が困難な部位はあらかじめ補強塗りする必要があります。弱溶剤化と低VOC化によるメリット優れた作業性と塗り重ね適性人と環境に優しい揮発性有機化合物(VOC)の発生が少なくなります。また、PRTR対象物質を大幅に削減できます。弱溶剤可溶タイプなので合成樹脂調合ペイント並みの優れた作業性と、旧塗膜を選ばない塗り重ね適性を有します。すべての塗料が鉛・クロムフリーです。また、環境ホルモンとして疑われている化学物質(ノニルフェノール)を含まないため、身体への悪影響を抑制します。ユニティーモとは、環境保全とコスト低減を両立させた究極の重防食塗装システムです。従来工法以上の膜厚と耐久性を、従来より少ない工程で実現できる究極の省工程塗装システムです。新開発の低VOC・弱溶剤厚膜変性エポキシ樹脂系さび止め塗料「エスコNBマイルドH」と、定評のある下上兼用塗料「ユニテクトシリーズ」で構成されています。“液状エポキシ樹脂”と、新開発“特殊樹脂”を反応させることにより弱溶剤に可溶で溶剤含有量の少ない変性エポキシ樹脂ができました。また、新開発“特殊粘性調整剤”により、厚塗り性と優れた塗装作業性を両立しています。エスコNBマイルドH低VOC・弱溶剤厚膜変性エポキシ樹脂系さび止め塗料下塗上塗兼用塗料ユニテクトシリーズ■省工程1回で60μm塗り付けることができるので、中塗~上塗まで1回で済ませ工程短縮できます。■優れた防錆力従来(強溶剤系)のエポキシ樹脂系さび止めと同等以上の防錆性能を有します。■高耐候性(光沢保持率:屋外ばくろ)■優れた作業性ハケ塗りでも120μmも膜厚を1回塗りで確保できます。■旧塗膜適性が広い弱溶剤化により、リフティング(チヂミ)の問題を改善し、旧塗膜適性が広がりました。■下塗上塗兼用配向性技術により下塗の防食性と上塗の耐候性を両立させることに成功しました。多少Si表層下層塗 膜ユニテクト30SF塗膜でのシリコン成分の配向性<XMAによるSiの元素分析結果>シリコン変性エポキシ樹脂系下塗上塗兼用塗料ユニテクト30SFアクリル変性エポキシ樹脂系下塗上塗兼用塗料ユニテクト20セーフティ

元のページ 

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です