KHD-321
27/42

-26-環境選択上の留意点塗装記号塗装システム(塗り回数・合計膜厚)新設塗替タンク天蓋、乾湿交番部と高湿度雰囲気フローティングタンク等を対象とした耐水性のある塗装系。高度の素地調整グレードの維持と塗膜厚の確保を図る。PN-3501PR-3501エポマリンJW(3回、300㎛)PN-3502-テクトバリヤーSP(A)(2回、3000㎛)水中部耐水性に比重を置いた塗料の選定と、高度の素地調整グレードの維持と、塗膜厚の確保を図る。PN-3503PR-3503エポテクトタールフリー(2回、300㎛)PN-3502-テクトバリヤーSP(A)(2回、3000㎛)-PR-3502金網~ナプコバリヤーN(1回、5000㎛)耐水部仕様環境選択上の留意点塗装記号塗装システム(塗り回数・合計膜厚)新設塗替酸・アルカリ耐候性・耐水性と耐薬品性を兼ね耐用年数を主体にした選択をする。PN-4202PR-4202エスコNBマイルドK~セラテクトUマイルド(4回、175㎛)PN-4401PR-4401エスコNBマイルドK~セラテクトFマイルド(4回、175㎛)PN-4501PR-4501ミリオンプライマー~ミリオン(4回、120㎛)耐薬品雰囲気仕様環境選択上の留意点塗装記号塗装システム(塗り回数・合計膜厚)新設塗替工業用水・海水耐水性に主体を置いた塗料の選定とブラスト処理による完全防錆、及び十分な硬化・養生期間をとる。PN-3503PR-3503エポテクトタールフリー(2回、300㎛)工業用水PN-3501PR-3501エポマリンJW(3回、300㎛)純水・飲料水同上でさらに水質基準に考慮をはらう。PN-3501PR-3501エポマリンJW(3回、300㎛)原油重油耐油・耐水性・耐酸性塗料の選定。膜厚・ブラスト処理・養生期間に留意する。PN-5601PR-5601カンペグラスSEプライマー~カンペグラスSE(3回、560㎛)PN-5501PR-5501エポマリンPC100(4回、350㎛)ナフサガソリン灯油・軽油PN-5601PR-5601カンペグラスSEプライマー~カンペグラスSE(3回、560㎛)PN-5501PR-5501エポマリンPC100(4回、350㎛)PN-5901PR-5901SDジンク1500A(1回、75㎛)タンク内面・パイプ内面等(水・石油)仕様塗装仕様につきましては、弊社ホームページもご利用ください。http://www.kansai.co.jp/products/heavy_duty/shiyou/index.html

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です