KHD-321
17/42

-16-表8 塗膜劣化状況と素地調整・塗替基準案被塗物の条件塗膜劣化状況(さびなどの発生状況)素地調整施工区分一般外面SSPC-Vis 2 FIGURE 9(0.03%)3種ケレン(部分)部分補修SSPC-Vis 2 FIGURE 7(0.3%)2種ケレンまたは3種ケレン全面塗替(補修面積30%以内)SSPC-Vis 2 FIGURE 5(3%)1種ケレンまたは2種ケレン全面塗替汚れ・変退色4種ケレン全面塗替没水等浸液SSPC-Vis 2 FIGURE 9(0.03%)2種ケレン(部分)部分補修SSPC-Vis 2 FIGURE 7(0.3%)2種ケレン(部分)部分補修(補修面積30%以内)SSPC-Vis 2 FIGURE 7(0.3%)1種ケレン全面塗替注1)塗膜劣化状況は、図11のSSPC-Vis 2をご参照ください。注2)素地調整の程度は表5に示したもので、( )は劣化部のみを素地調整することを意味します。図10 塗膜状況(さびなどの発生状況図)〔ASTM-D610/SSPC-Vis 2〕789(≒50%)(≒33%)(0.3%以下)(0.1%以下)(0.03%以下)4(10%)5(3%)6(1%以下)123(≒17%)

元のページ 

page 17

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です