KHD-321
15/42

-14-施工管理1. 塗装禁止下記の場合は、塗装を行わないでください。1)雨天・降雪の場合、または当日中に降雨・降雪が予想される場合。2)砂じんのはなはだしい場合。3)5℃以下の時や、相対湿度85%以上の場合。4)被塗面に結露している場合。5)被塗面に塩分が付着している場合。6)素地調整が不足している場合。塗り直し気象の急変などにより、塗膜に異常が生じたときは塗り直さなければなりません。また、塗付量不足が著しい箇所、および塗膜が不均一な箇所は塗り直しを行う必要があります。2. 作業記録塗装期間中、下記項目を作業記録に入れてください。1)作業開始・終了時間。2)天候、温湿度。3)塗装箇所、および面積。4)塗料名、塗料使用量。5)シンナー添加量。6)作業人員と作業内容。3. 安全管理塗装時には、次のような安全管理を留意してください。1)保護具(メガネ・マスク・安全帽・安全ベルト・安全靴など)の着用。2)塗料のラベル表示内容の把握と関連法規※の順守。3)作業足場、設備機器の把握と関連法規の順守。4)密閉箇所(タンク内面)では、局所排出装置の取りつけや送風による換気などの処置を採ることにより、作業環境の有機溶剤量を恕限度以下に抑えることが必要。5)火気類(トーチランプ・溶接アーク・照明器具など)の使用禁止。6)塗料・シンナー類は、承認を受けた危険物倉庫に貯蔵して管理する。※安全衛生管理関係法令●労働安全衛生法(施行令・施行規則)●有機溶剤中毒予防規則●鉛中毒予防規則●特定化学物質等障害予防規則●毒物及び劇物取締法(施行令・施工規則)●毒物及び劇物指定令●酸素欠乏症防止規則●消防法●危険物の規則に関する政令・規則●足場組立解体工事の作業指針●大気汚染防止法(施行令・施行規則)●水質汚濁防止法(施行令・施行規則)●化学物質排出把握管理促進法(PRTR)●化学物質審査規制法

元のページ 

page 15

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です