KHD-393
5/16

        1. 新設塗装系 一般外面に塗装系BSU以外を適用する箱型の桁・箱桁部材内部の添接板表面H:時間 D:日 M:月を示す塗装系工 程塗 料 名塗 料 規 格標準使用量(g/m2)塗装間隔(20℃)WW-3工場塗装第1層添接板表面SDジンク1500SPS 66053-9スプレー70012M以内ボルト・ナット・平座金―現場塗装素地調整添接板表面添接板に赤さびが発生した部分は、手・動力工具を用いて素地調整(除錆度-3)を行い、その日の内に第2層目を塗装すること。ボルト・ナット・平座金ボルト・ナット・平座金は締め詰めにより傷を生じ、さびが発生した部分は、十分なさび落しを行い、その日の内に第2層目を塗装すること。その日の内第2層エポマリンNSSPS 66099-20はけ30024H~7D第3層エポマリンNSSPS 66099-20はけ300      ※無溶剤型変性エポキシ樹脂塗料の塗装工事は、塗装作業時の気温10~30℃で行うこと。一般外面に塗装系BSU以外を適用するTT型桁やトラス箱型部材内の添接板表面H:時間 D:日 M:月を示す塗装系工 程塗 料 名塗 料 規 格標準使用量(g/m2)塗装間隔(20℃)BMU1-3工場塗装第1層添接板表面SDジンク1500SPS 66053-9スプレー70012M以内ボルト・ナット・平座金―現場塗装素地調整添接板表面添接板に赤さびが発生した部分は、手・動力工具を用いて素地調整(除錆度-3)を行い、その日の内に第2層目を塗装すること。ボルト・ナット・平座金ボルト・ナット・平座金は締め詰めにより傷を生じ、さびが発生した部分は、十分なさび落しを行い、その日の内に第2層目を塗装すること。その日の内第2層エスコNBSPS 66099-12はけ20024H~7D第3層エスコNBSPS 66099-12はけ20024H~7D第4層セラテクトU上塗SPS 66099-11はけ110      H:時間 D:日 M:月を示す塗装系工 程塗 料 名塗 料 規 格標準使用量(g/m2)塗装間隔(20℃)L-3工場塗装第1層添接板表面SDジンク1500SPS 66053-9スプレー70012M以内ボルト・ナット・平座金―現場塗装素地調整添接板表面添接板に赤さびが発生した部分は、手・動力工具を用いて素地調整(除錆度-3)を行い、その日の内に第2層目を塗装すること。ボルト・ナット・平座金ボルト・ナット・平座金は締め詰めにより傷を生じ、さびが発生した部分は、十分なさび落しを行い、その日の内に第2層目を塗装すること。その日の内第2層エスコNBSPS 66099-12はけ20024H~7D第3層エスコNBSPS 66099-12はけ20024H~7D第4層エスコNBSPS 66099-12はけ20024H~7D第5層レタン6000HBSPS 66099-21はけ150(24H~7D)(第5層)(エスコNB)(SPS 66099-12)(はけ200)      H:時間 D:日 M:月を示す塗装系工 程塗 料 名塗 料 規 格標準使用量(g/m2)塗装間隔(20℃)JECO-3工場塗装第1層添接板表面SDジンク1500SPS 66053-9スプレー70012M以内ボルト・ナット・平座金―現場塗装素地調整添接板表面添接板に赤さびが発生した部分は、手・動力工具を用いて素地調整(除錆度-3)を行い、その日の内に第2層目を塗装すること。ボルト・ナット・平座金ボルト・ナット・平座金は締め詰めにより傷を生じ、さびが発生した部分は、十分なさび落しを行い、その日の内に第2層目を塗装すること。その日の内第2層エポマリンプライマーSPS 66099-14はけ24024H~15D第3層エポマリンプライマーSPS 66099-14はけ24024H~15D第4層エポマリンプライマーSPS 66099-14はけ24024H~15D第5層水性エポテクト中塗SPS 66099-32はけ13024H~7D第6層水性レタンテクト上塗SPS 66099-31はけ120      防錆処理ができないボルト・ナット・平座金を用いた添接部表面の塗装系H:時間 D:日 M:月を示す塗装系工 程塗 料 名塗 料 規 格標準使用量(g/m2)塗装間隔(20℃)添接板の塗装系記号RR-3第1層エスコNB関西ペイント㈱製品規格注1130注1 1D ~ 7HBMU1第2層エポマリンSHBSPS 66099-19はけ100024H~15DL第3層セラテクトU中塗  注2SPS 66099-10はけ13024H~15DJ第4層セラテクトU上塗  注2SPS 66099-11はけ110   JECO注1 第1層目は専用プライマーであり、弊社の指定する塗料・標準使用量・塗装間隔である。注2 第3層目および第4層目の塗料名には、塗装系Jの場合のものを示した。塗装系BMU1、塗装系LおよびJECO系ではそれぞれの塗料に合わせること。添接部(接触面)の塗装系(一般塗装系BSU以外を適用する場合の添接部摩擦接合面)塗 料 名塗 料 規 格標準塗膜厚標準使用量(g/m2)SDジンク1500SPS 66053-975 μmスプレー700注1 塗膜厚許容値は 60~90μmとする。注2 高力ボルト摩擦接合継手のすべり試験で、すべり係数0.4以上であることが確認されたものを使用すること。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です