KHD-392
11/24

―  11  ―3.構造物施工管理要領 保全編 塗替え塗装に用いる塗料は、第3種有機溶剤を主成分とし、第2種有機溶剤が5%未満の弱溶剤形塗料を原則とする。なお、厚膜形エポキシ樹脂塗料(300μm形)、亜鉛めっき面用エポキシ樹脂塗料下塗は除く。3・1 塗替え塗装仕様の選定表-18) 素地調整程度を1種とした場合の塗替え塗装系塗替え塗装系素地調整程度一般部特殊部重防食塗装系1種c-3g-3表-19) 素地調整程度を3種とした場合の塗替え塗装系使用条件塗替え塗装系旧塗装系素地調整程度一般部特殊部旧塗膜が一般塗装系または薄膜重防食塗装系薄膜重防食塗装系旧A、A-1~4、F-1~2、a-1~2、f-1~2、I、i-1~2、g-43または4種i -1g-4旧塗膜が重防食塗装系重防食塗装系旧B、旧C、C-1~5、c-1~3、F3~11、G、g-1~3〃c-3g-3旧塗膜が重防食塗装系で下塗(ジンクリッチペイント)が健全な場合等※1〃C-1~5、c-3、F3~11、G、g-34種c-3g-3※1)下塗(ジンクリッチペイント)が健全で下塗りのエポキシ樹脂塗料及び中塗り・上塗りの劣化により塗替え塗装を行う場合など表-20) 軽微な補修の場合の塗替え塗装系 ※軽微な補修とは、塗替え塗装を行うまでの暫定措置を意味する。使用条件旧塗装系素地調整程度一般部特殊部一般塗装系旧A、A-1~4、F-1~2、a-1~2、f-1~23種a-1f-1薄膜重防食塗装系i-1~2、g-43種i-1g-4重防食塗装系旧B、旧C、C-1~5、c-1~3、F-3~11、G、g-1~33種c-3g-3表-21) 箱桁内面および特殊部の塗替え塗装系表-22) 亜鉛めっき面の補修塗装系塗装部位旧塗装系素地調整程度塗替え塗装系箱桁等内面D、D1~4、d3種d特殊部H、h3種h-1塗装部位素地調整程度塗替え塗装系亜鉛めっき面赤さびが発生している部位1種Z白さびが多く、赤さびが発生していない部位3種ないしスィープブラスト 表-23) 旧塗膜の塗装系一覧区分塗装系記号塗装仕様の概要新設塗装系旧A、A1塗装系エッチングプライマー(長ばく形)~鉛系さび止め~長油性フタル酸樹脂塗料A2塗装系エッチングプライマー(長ばく形)~鉛系さび止め~フェノールMIO~長油性フタル酸樹脂塗料A3塗装系エッチングプライマー(長ばく形)~鉛系さび止め~シリコンアルキド樹脂塗料A4塗装系エッチングプライマー(長ばく形)~鉛系さび止め~フェノールMIO~シリコンアルキド樹脂塗料旧B塗装系エッチングプライマー(長ばく形)~鉛系さび止め~フェノールMIO~塩化ゴム系塗料旧C塗装系ジンクリッチプライマー~塩化ゴム系塗料C1塗装系無機ジンクリッチプライマー~ジンクリッチペイント~エポキシ下塗~エポキシMIO~ポリウレタン樹脂塗料C2塗装系無機ジンクリッチプライマー~ジンクリッチペイント~エポキシ下塗~ポリウレタン樹脂塗料C3塗装系無機ジンクリッチプライマー~ジンクリッチペイント~エポキシ下塗~エポキシMIO~ふっ素樹脂塗料C4塗装系無機ジンクリッチプライマー~ジンクリッチペイント~エポキシ下塗~ふっ素樹脂塗料I   塗装系機能性プライマー~有機ジンク~ポリウレタン中塗~ポリウレタン上塗C5塗装系無機ジンクリッチプライマー~ジンクリッチペイント~厚膜エポキシ下塗~ふっ素樹脂塗料塗替え塗装系旧A塗装系、a-1鉛系さび止め~長油性フタル酸樹脂塗料旧B塗装系鉛系さび止め~フェノールMIO~塩化ゴム系塗料旧C塗装系厚膜エポキシ~塩化ゴム系塗料a-2塗装系鉛系さび止め~シリコンアルキド樹脂塗料c-1塗装系変性エポキシ~ポリウレタン樹脂塗料c-2塗装系有機ジンク~変性エポキシ~ポリウレタン中塗~ポリウレタン上塗c-3塗装系有機ジンク~変性エポキシ~ふっ素樹脂塗料c-4塗装系有機ジンク~変性エポキシ~ポリウレタン中塗~ポリウレタン上塗c-5塗装系有機ジンク~変性エポキシ~ふっ素樹脂塗料i -1塗装系有機ジンク~(変性エポキシ)~ポリウレタン中塗~ポリウレタン上塗i -2塗装系有機ジンク~(変性エポキシ)~ふっ素樹脂塗料中塗~ふっ素樹脂塗料上塗

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です