KHD-391
9/28

― 6 ―2.新設塗装編 【ASJ-11】:桁端部及び狭隘部などの塗装困難部(現場溶接継手部)塗装系適用塗装系塗装工程塗 料 名関西ペイント㈱製品名塗料規格使用量(g/m2/回)回数塗装方法目標膜厚(μm)塗装間隔WSJ-11AS-1現場素地調整ブラストまたはブラスト面形成動力工具 ISO Sa2 SPSS Sd1,Sh1素地調整後直ちに防食下地有機ジンクリッチペイントSDジンク500SDK P-4123002はけ751日~10日下塗1水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日下塗2水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日下塗3水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日中塗水性エポキシ樹脂塗料中塗水性エポテクト中塗SDK W-522170(140)1吹付(はけ)301日~10日上塗水性ふっ素樹脂塗料1液水性フロンテクト上塗SDK W-534140(120)1吹付(はけ)25―( )内はハケ塗りの場合【WSJ-12】:桁端部及び狭隘部などの塗装困難部(高力ボルト継手部:添接板非接触面及び周辺部)塗装系適用塗装系塗装工程塗 料 名関西ペイント㈱製品名塗料規格使用量(g/m2/回)回数塗装方法目標膜厚μm塗装間隔WSJ-12AS-1前処理素地調整原板ブラスト  ISO Sa2 1/2 SPSS Sd2,Sh2ブラスト後直ちにプライマー無機ジンクリッチプライマーSDジンク1000SDK P-4011601吹付156ヶ月以内が望ましい工場素地調整製品ブラスト  ISO Sa2 1/2 SPSS Sd2,Sh2ブラスト後直ちに防食下地無機ジンクリッチペイントSDジンク1500SDK P-4116001吹付75―現場素地調整動力工具処理  ISO St3 SPSS Pt3―ミストコートエポキシ樹脂塗料下塗エポマリン下塗ミストコート用SDK P-413130※1はけ―1日~10日下塗1水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付601日~10日下塗2水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付601日~10日下塗3水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付601日~10日下塗4水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付601日~10日下塗5水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付601日~10日中塗水性エポキシ樹脂塗料中塗水性エポテクト中塗SDK W-522170(140)1吹付301日~10日上塗水性ふっ素樹脂塗料1液水性フロンテクト上塗SDK W-534140(120)1吹付25―( )内はハケ塗りの場合※)エポキシ樹脂塗料下塗130g/m2を65g/m2の希釈剤で希釈したものを原則とする。水性エポキシ樹脂塗料は、原則としてミストコートとして用いてはならない。【WSJ-13】:桁端部及び狭隘部などの塗装困難部(現場溶接継手部)塗装系適用塗装系塗装工程塗 料 名関西ペイント㈱製品名塗料規格使用量(g/m2/回)回数塗装方法目標膜厚μm塗装間隔WSJ-13AS-1現場素地調整動力工具処理  ISO St3 SPSS Pt3素地調整後直ちに下塗1水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日下塗2水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日下塗3水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日下塗4水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日下塗5水性エポキシ樹脂塗料水性エポテクト下塗SDK W-513240(200)1吹付(はけ)601日~10日中塗水性エポキシ樹脂塗料中塗水性エポテクト中塗SDK W-522170(140)1吹付(はけ)301日~10日上塗水性ふっ素樹脂塗料1液水性フロンテクト上塗SDK W-534140(120)1吹付(はけ)25―( )内はハケ塗りの場合【ASJ-51】:鋼床版上面(現場溶接継手部)塗装系適用塗装系塗装工程塗 料 名関西ペイント㈱製品名塗料規格使用量(g/m2/回)回数塗装方法目標膜厚μm塗装間隔WSJ-51AS-5現場素地調整動力工具処理  ISO St3 SPSS Pt3素地調整後直ちに下塗有機ジンクリッチペイントSDジンク500SDK P-4122401はけ30―【ASJ-52】:鋼床版上面(高力ボルト継手部:添接板非接触面及び周辺部)塗装系適用塗装系塗装工程塗 料 名関西ペイント㈱製品名塗料規格使用量(g/m2/回)回数塗装方法目標膜厚μm塗装間隔WSJ-52AS-5前処理素地調整原板ブラスト  ISO Sa2 1/2 SPSS Sd2,Sh2ブラスト後直ちにプライマー無機ジンクリッチプライマーSDジンク1000SDK P-4011601吹付156ヶ月以内が望ましい現場素地調整動力工具処理  ISO St3 SPSS Pt31日~10日下塗有機ジンクリッチペイントSDジンク500SDK P-4122401はけ30―

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る