KHD-391
5/16

― ―⑤部位:一般内面(高力ボルト継手部:添接板と母材の接触面)塗装系適 用塗装系素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量 (g/m2)塗装間隔 (20℃)目標膜厚 (μm/回)AJ-CD3AF-C AF-D原板ブラスト ISO Sa2 1/2前処理プライマーSDK P-401無機ジンクリッチプライマーSDジンク10001606ヶ月以内が望ましい15製品ブラスト ISO Sa2 1/2工 場下 塗SDK P-411無機ジンクリッチペイントSDジンク1500600-75⑥部位:一般外面(現場溶接継手部)塗装系適 用塗装系素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量 (g/m2)塗装間隔 (20℃)目標膜厚 (μm/回)AJ-C1́AF-Cブラスト処理ISO Sa2 1/2SPSS Sd2、Sh2現 場(スプレー)下塗第1層下塗第2層下塗第3層中 塗上 塗SDK P-412SDK P-414SDK P-414SDK P-423SDK P-434有機ジンクリッチペイント変性エポキシ樹脂塗料下塗変性エポキシ樹脂塗料下塗ふっ素樹脂塗料用中塗低汚染形ふっ素樹脂塗料上塗SDジンク500エスコNBエスコNBセラテクトF中塗セラテクトF上塗6002402401701401日〜10日1日〜10日1日〜10日1日〜10日7560603025AJ-C1́AF-Cブラスト処理ISO Sa2 1/2SPSS Sd2、Sh2現 場(ハ ケ)下塗第1層下塗第2層下塗第3層下塗第4層中 塗上 塗SDK P-412SDK P-412SDK P-414SDK P-414SDK P-423SDK P-434有機ジンクリッチペイント有機ジンクリッチペイント変性エポキシ樹脂塗料下塗変性エポキシ樹脂塗料下塗ふっ素樹脂塗料用中塗低汚染形ふっ素樹脂塗料上塗SDジンク500SDジンク500エスコNBエスコNBセラテクトF中塗セラテクトF上塗300(ハケ)300(ハケ)200(ハケ)200(ハケ)140(ハケ)120(ハケ)1日〜10日1日〜10日1日〜10日1日〜10日1日〜10日7560603025[解説]1.現場溶接部でブラスト処理が可能な場合に上記塗装仕様を用いる。⑦部位:一般内面(現場溶接継手部)塗装系適 用塗装系素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量 (g/m2)塗装間隔 (20℃)目標膜厚 (μm/回)AJ-D1́AF-Dブラスト処理ISO Sa2 1/2SPSS Sd2、Sh2現 場(スプレー)下塗第1層下塗第2層SDK P-412SDK P-418有機ジンクリッチペイント超厚膜形エポキシ樹脂塗料下塗SDジンク500エポマリンSHB60011001日〜10日1日〜10日75300AJ-D1́AF-Dブラスト処理ISO Sa2 1/2SPSS Sd2、Sh2現 場(ハ ケ)下塗第1層下塗第2層下塗第3層下塗第4層SDK P-412SDK P-412SDK P-418SDK P-418有機ジンクリッチペイント有機ジンクリッチペイント超厚膜形エポキシ樹脂塗料下塗超厚膜形エポキシ樹脂塗料下塗SDジンク500SDジンク500エポマリンSHBエポマリンSHB300(ハケ)300(ハケ)500(ハケ)500(ハケ)1日〜10日1日〜10日1日〜10日1日〜10日75300[解説]1.現場溶接部でブラスト処理が可能な場合に上記塗装仕様を用いる。1-3 特殊部①部位:床版端部補強板、桁切り欠き部塗装系適 用塗装系素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量 (g/m2)塗装間隔 (20℃)目標膜厚 (μm/回)AS-1※11次、2次 ブラスト処理 ISO Sa2 1/2 SPSS Sd2、Sh2前処理プライマーSDK P-401無機ジンクリッチプライマーSDジンク10001606ヶ月以内が望ましい15工 場下塗第1層ミストコート下塗第2層下塗第3層中 塗上 塗SDK P-411SDK P-413SDK P-413SDK P-417SDK P-423SDK P-434無機ジンクリッチペイントエポキシ樹脂塗料下塗エポキシ樹脂塗料下塗厚膜形エポキシ樹脂塗料下塗ふっ素樹脂塗料用中塗低汚染形ふっ素樹脂塗料上塗SDジンク1500エポマリン下塗ミストコート用エポマリンプライマーエポマリンHB(K)セラテクトF中塗セラテクトF上塗600160※23005401701402日〜10日1日〜10日1日〜10日1日〜10日1日〜10日75-601203025注1)床版端部補強板、ゲルバー部、切欠き、鋼橋脚と高欄の近接箇所、支障部、分配桁上面、中間対傾構上弦材上面、上横構上面、上横構の取付ガセット上面、その他塗替困難部、防食板外面及び漏水などによる腐食を防止する必要のある桁端部(桁端から約2m)、橋梁胴巻及び根巻部コンクリート天端。注2)エポキシ樹脂塗料下塗160g/m2を80g/m2のシンナーで希釈したものを用いる。②部位:箱桁上面密閉部塗装系適 用塗装系素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量 (g/m2)塗装間隔 (20℃)目標膜厚 (μm/回)AS-2箱桁上面密閉部原板ブラスト ISO Sa2 1/2前処理プライマーSDK P-401無機ジンクリッチプライマーSDジンク10001606ヶ月以内が望ましい15製品ブラスト ISO Sa2 1/2 SPSS Sd2、Sh2工 場下塗第1層ミストコート下塗第2層下塗第3層SDK P-411SDK P-415SDK P-415SDK P-415無機ジンクリッチペイント変性エポキシ樹脂塗料内面用変性エポキシ樹脂塗料内面用変性エポキシ樹脂塗料内面用SDジンク1500エポマリンEX300エポマリンEX300エポマリンEX300600160※14104102日〜10日1日〜10日1日〜10日75-120120注1)変性エポキシ樹脂塗料下塗160g/m2を80g/m2のシンナーで希釈したものを用いる。1.新設橋梁塗装

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です