KHD-391
3/16

橋梁塗装首都高速道路株式会社橋梁塗装設計施工要領編平成19年度版公団の民営化に伴い、首都高速の橋梁構造物の適切な塗装を考慮し、平成16年8月に土木材料共通仕様書が改訂され、それに付随して鋼橋塗装設計施工要領が平成18年4月に橋梁塗装設計施工要領に改訂されました。いずれの改訂書とも首都高速道路の橋梁についての建設および維持管理を念頭に、コスト削減を意識した新規塗料や塗装仕様の適用が盛り込まれております。具体的にはLCCの観点から新設塗装でのふっ素樹脂塗料、コスト削減と工期短縮の観点から塗替塗装での省工程指向の厚膜型ポリウレタン樹脂塗料の適用が基本となりました。また、残塗料廃棄の観点から、鋼道路橋塗装・防食便覧の改訂と同様に、塗料使用量の適正化が図られました。1.新設橋梁塗装………………………1〜41-1一般内外面……………………………11-2一般部/現場継手部………………1〜21-3特殊部………………………………2〜31-4特殊部/現場継手部………………3〜42.塗替え橋梁塗装…………………………52-1一般外面………………………………52-2一般内面………………………………52-3裏面吸音部桁外面……………………52-4桁端部…………………………………53.コンクリート塗装………………………64.その他塗装系……………………………64-1橋脚地中部塗装(重防食塗装)………64-2貼り紙防止塗料………………………64-3落書き防止塗料………………………64-4落書き貼り紙防止兼用塗料…………75.塗装の管理………………………7〜125-1塗装系…………………………………75-2施工条件………………………………85-3素地調整………………………………85-4シンナーによる希釈率………………95-5塗装作業………………………………95-6下塗塗装が劣化している場合の処置……95-7塗料検査………………………………105-8各路線の塗り色………………………115-9コンクリート塗装……………………125-10使用商品一覧………………………12目 次

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です