KHD-391
26/28

― 23 ―5.参考資料編 参考資料1-8首都高速道路で用いられてきた実績のある塗装系を以下に示す。ただし、塗料の標準使用量については、最近の標準にあわせ変更してある。これらの塗装系は参考仕様であるため、実際に使用する場合、コストや性能要求、現場条件等を考慮し仕様について検討の上、技術部技術推進課と調整されたい。その他の塗装系1)橋脚地中部塗装(重防食塗装)の塗装仕様鋼製の地中梁や橋脚で実績がある仕様である。適用部位塗装工程塗 料 名関西ペイント㈱製品名塗料規格使用量g/m2/回回 数塗装方法目標膜厚(μm)塗装間隔施 工一般外面前処理素地調整原板ブラスト  ISO Sa 2 1/2 SPSS Sd 2,Sh 2ブラスト後直ちに鋼橋工事等請負者プライマー無機ジンクリッチプライマーSDジンク1000SDK P-4011601スプレー156ヶ月以内が望ましい工 場素地調整動力工具処理  ISO St 3 SPSS Pt3素地調整後直ちにプライマー有機ジンクリッチペイントSDジンク500SDK P-4121601スプレー151日~10日下塗第1層超厚膜形エポキシ樹脂塗料(800μm)テクトバリヤーSP(A)―16001コテ・ヘラ・スプレー8001日~10日下塗第2層超厚膜形エポキシ樹脂塗料(800μm)テクトバリヤーSP(A)―16001コテ・ヘラ・スプレー8001日~10日下塗第3層超厚膜形エポキシ樹脂塗料(800μm)テクトバリヤーSP(A)―16001コテ・ヘラ・スプレー800―※)有機ジンクリッチペイントの塗料規格は基準資料ではSDK P-312となっているが現行規格SDK P-412とした。※)ここで用いられた超厚膜形エポキシ樹脂塗料(800μm)は、塗装仕様NS-PH2、NS-SH2、NS-FH2などのSDK P-418の超厚膜形エポキシ樹脂塗料とタイプが異なる。2)落書き防止塗料・貼り紙防止塗料 ここで言う落書き防止塗料とは落書きが簡単に落とせる塗料のことで、落書きされることを防ぐ塗料ではない。従来の落書き防止塗料は紫外線で劣化して落書きが落ちにくくなってしまう事があった。しかし、近年コンクリート橋脚や擁壁については紫外線に対する耐久性に優れ、さらに塗装層数が少なく施工能率でも優れる無機塗料の試験採用例が増加し、その使いやすさと高い性能が広く知られるようになった。中にはスプレー缶で落書きしても塗料がタレてしまって絵にならないほど撥水性に優れる無機塗料も登場している。さらに、鋼製橋脚にも塗布することができる無機塗料が首都高速道路の鋼製橋脚で試験採用され、付着性やひずみ追従性に問題が無い事が確認されている。さらに無機塗料は乾燥した塗膜が不燃なことで知られているが、近年、原液自体も不燃の材料が登場するなどその安定性も改善傾向にある。 無機塗料は乾燥塗膜が不燃で火災時に有害物を発しないことから、首都高速道路ではトンネル内で長い採用実績がある。当初は塗膜が剥がれるといった事象が報告されたが、近年その性能が改善されたことと、高湿度下や湿潤環境で施工しない事が徹底されたことにより、塗膜が剥がれるといった問題は解消されている。トンネルで無機塗料を提供している塗料会社数社が現在無機系落書き防止塗料も扱っている状況である。無機系落書き防止塗料の採用を検討するにあたり、首都高速道路での実績等を確認される場合には技術推進課に相談されたい。 また、従来貼り紙を予防するために塗料に専用骨材を入れて表面に細かな起伏を入れることがあったが、落書きされると消せなくなるのと、汚れがつきやすくなることから、今後は骨材を入れないようにされたい。無機系の落書き防止塗料は貼り紙されても比較的剥がしやすいので貼り紙を防止する場合には落書き防止塗料を採用するか、近年首都高速道路で採用が増えてきている貼り紙・落書き防止フィルムを採用されたい(貼り紙・落書き防止フィルムの採用を検討する場合は技術推進課に相談されたい)。3)景観仕上げ(凹凸仕上)の塗装仕様景観の向上を目的に鋼製脚を立体感のある御影石調に仕上げた事例がある。(中央環状線)塗装仕様を以下に示す。塗装工程塗 料 名関西ペイント㈱製品名使用量g/m2/回回 数塗装方法目標膜厚(μm)塗装間隔素地調整発錆部は動力工具等で錆の除去、及び汚れ油脂、その他の付着物の除去素地調整後直ちに下塗 第1層変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNB2001は け601日~10日下塗 第2層変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNB2001は け601日~10日下塗 第3層変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNB2001は け601日~10日下 塗アクリル樹脂下塗塗料アレスシリコンストーン下塗材120(※0.7~1.2)1は け601時間以上中 塗ベース拭きアクリル樹脂エマルション吹材アレスシリコンストーン主材2000~2500(※900~1400)1吹付リシンガン―3時間~3日模様拭きアクリル樹脂エマルション吹材アレスシリコンストーン主材2000~2500(※2000~2500)1吹付リシンガン―1日~10日上 塗ポリウレタン樹脂クリヤー塗料※ローラー押さえ工程130(※―)1スプレー―1日~10日(※10分以内)上 塗ポリウレタン樹脂クリヤー塗料アレスシリコンストーントップコートクリヤー1301スプレー――※)(※)内は関西ペイント㈱の製品の使用量・塗装間隔となります。※)本使用の採用につきましては当社営業担当までご一報をお願い致します。

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る