KHD-391
20/28

― 17 ―3.塗替え塗装編 3-3.補修塗装(簡易)表-1.4.1 簡易塗装仕様対  象素地調整程度番号簡易塗装仕様外面裏面吸音板等内の桁端部外面素地調整 1種相当素地調整 2種K-ZAP-1K-ZAP-2表-1.4.2裏面吸音板等内の桁端部以外の外面素地調整 1種相当素地調整 2種K-AE-1K-AE-2表-1.4.3内面素地調整 1種相当素地調整 2種K-ND-1K-ND-2表-1.4.4表-1.4.2 K-ZAP-1 K-ZAP-2 外面及び裏面吸音板などで覆われた桁端部の簡易塗装仕様素地調整工程塗料名塗料規格使用量(g/m2以上)塗布方法塗装間隔1種相当2種防食下地有機ジンクリッチペイントSDK P-412300はけ乾燥後速やかに中上塗厚膜形ポリウレタン樹脂塗料SDK P-432230はけ―※)2層施工する時間が確保できない場合は防食下地のみを塗料がダレない範囲で厚く塗布する。この場合、後日(10日以内)に中上塗を塗布することが望ましい。表-1.4.3 K-AE-1 K-AE-2 裏面吸音板などで覆われた桁外面の簡易塗装仕様素地調整工程塗料名塗料規格使用量(g/m2以上)塗布方法塗装間隔1種相当2種―超厚膜形エポキシ樹脂塗料下塗SDK P-418500はけ―表-1.4.4 K-ND-1 K-ND-2 内面の簡易塗装仕様素地調整工程塗料名塗料規格使用量(g/m2以上)塗布方法塗装間隔1種相当2種―無溶剤形変性エポキシ樹脂塗料SDK P-416300はけ―3-4.補修塗装(重防食)表-1.5.1 省工程塗装仕様の考え方対  象素地調整程度省工程塗料塗装仕様例外面裏面吸音板等内の桁端部外面素地調整 1種相当素地調整 2種制限なし表-1.5.2素地調整 3種制限なし表-1.5.3裏面吸音板等内の桁端部以外の外面内面素地調整 1種相当素地調整 2種素地調整 3種内面密閉部は無溶剤形表-1.5.4表-1.5.2 外面及び裏面吸音板などで覆われた桁端部の省工程塗装仕様例素地調整工 程塗料名塗料規格使用量(g/m2以上)1種相当2種防食下地有機ジンクリッチペイントSDK P-412300下塗(省工程塗料)――上塗水性ポリウレタン樹脂塗料SDK W-531140(120)表-1.5.3 外面及び裏面吸音板などで覆われた桁端部の省工程塗装仕様例素地調整工 程塗料名塗料規格使用量(g/m2以上)3種下塗(省工程塗料)――上塗水性ポリウレタン樹脂塗料SDK W-531140(120)表-1.5.4 裏面吸音板などで覆われた桁外面の省工程塗装仕様、内面の省工程仕様例素地調整工 程塗料名塗料規格使用量(g/m2以上)1種相当2種3種―(省工程塗料※)※内面密閉部は無溶剤形――

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る