KHD-390
8/16

        2. 塗替え塗装仕様 ①部位 : 一般外面塗替え塗装仕様一般部塗装系旧塗膜素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量(g/m2)塗装間隔Rc-Ⅰ(スプレー(注1)A、Ba、b、c1種現 場防食下地鋼道路橋塗装用塗料標準有機ジンクリッチペイントSDジンク5006001日~10日下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK(    または    ) エスコNBセーフティ(K)2401日~10日下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK(    または    ) エスコNBセーフティ(K)2401日~10日中 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗セラテクトマイルド中塗(E)1701日~10日上 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗セラテクトFマイルド(KHD)上塗140―注1) 原則はスプレー塗装とするが、発注者との協議の上ではけ・ローラーにも変更できる。注2) 現場の施工条件に応じて塗装間隔を別途取り決める場合もある。注3) ブラスト処理による除せい度はISO Sa2 1/2とする。一般部塗装系旧塗膜素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量(g/m2)塗装間隔Rc-Ⅲ(はけ・ローラー)A、B、Ca、b、c3種現 場下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK※(    または    ) エスコNBセーフティ(K)(200)1日~10日下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK(    または    ) エスコNBセーフティ(K)2001日~10日下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK(    または    ) エスコNBセーフティ(K)2001日~10日中 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗セラテクトマイルド中塗(E)1401日~10日上 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗セラテクトFマイルド(KHD)上塗120―※鋼材露出部のみ一般部塗装系旧塗膜素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量(g/m2)塗装間隔Rc-Ⅳ(はけ・ローラー)Cc4種現 場下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK(    または    ) エスコNBセーフティ(K)2001日~10日中 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗セラテクトマイルド中塗(E)1401日~10日上 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗セラテクトFマイルド(KHD)上塗120―一般部塗装系旧塗膜素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量(g/m2)塗装間隔Ra-Ⅲ(はけ・ローラー)A、a3種現 場下 塗JIS K 5674 1種鉛・クロムフリーさび止めペイントラスゴンセーフティ(K)※(140)1日~10日下 塗JIS K 5674 1種鉛・クロムフリーさび止めペイントラスゴンセーフティ(K)1401日~10日下 塗JIS K 5674 1種鉛・クロムフリーさび止めペイントラスゴンセーフティ(K)1401日~10日中 塗JIS K 5516 2種 中塗用長油性フタル酸樹脂塗料中塗SDマリンセーフティ中塗1202日~10日上 塗JIS K 5516 2種 上塗用長油性フタル酸樹脂塗料上塗SDマリンセーフティ上塗110―※鋼材露出部のみ[便覧 解説]1.塗膜の維持管理体制がある場合や橋の残存寿命が20年程度の場合に適用する。2.素地調整や塗装は極力機械化して良好な塗膜を形成する。一般部塗装系旧塗膜素地調整工 程規 格塗 料 名関西ペイント製品名標準使用量(g/m2)塗装間隔Rc-Ⅱ(はけ・ローラー)B、b、c2種動力工具処理(注1現 場防食下地鋼道路橋塗装用塗料標準有機ジンクリッチペイントSDジンク500※1(240)1日~10日下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK(    または    ) エスコNBセーフティ(K)2001日~10日下 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗エスコNBマイルドK(    または    ) エスコNBセーフティ(K)2001日~10日中 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料用中塗セラテクトマイルド中塗(E)1401日~10日上 塗鋼道路橋塗装用塗料標準弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗セラテクトFマイルド(KHD)上塗1201日~10日※鋼板露出部のみ適用注1)素地調整程度2種ではあるが、健全なジンクリッチプライマーやジンクリッチペイントを残し、他の旧塗膜を全面除去した場合は、鋼材露出部のみ有機ジンクリッチペイントを塗付する。この際、使用量の目安は、240g/m2程度とする。素地調整程度2種で旧塗膜を全面除去した場合は、有機ジンクリッチペイントの使用量が600g/m2とする。注2)現場の施工条件に応じて塗装間隔を別途取り決める場合もある。[便覧 解説]1.ジンクリッチプライマーやジンクリッチペイントが下塗に使用された塗膜で、劣化がないことが確認できた場合に2種ケレンでジンクリッチ塗装を残しRc-Ⅱを適用してもよい。2.旧塗膜旧塗装便覧の塩化ゴム塗装系がB、b塗装系からc塗装系へと塗り替えられた塗膜の場合には、旧塗膜にさびがほとんどなくても割れ、はがれ、膨れ等の欠陥が見受けられること があるので、この場合は素地調整1種を行う方がよい。塗替え塗装系の解説弱溶剤形塗料 補修や塗り替え時に、旧塗膜が長油性フタル酸樹脂系や塩化ゴム系のとき、塗り重ねる塗料の溶剤が旧塗膜を侵して塗膜が浮き上がったり、割れを発生させることがある。弱溶剤形塗料は、主な溶剤がミネラルスピリットであり旧塗膜への溶解性が低いので旧塗膜を侵しにくいだけではなく、溶剤臭が低く光化学スモッグの原因となる揮発性有機化合物の 発生が少ない。弱溶剤形塗料には変性エポキシ樹脂塗料下塗、ふっ素樹脂塗料用中塗、ふっ素樹脂塗料上塗などがあるが、近年有機ジンクリッチペイントでも弱溶剤形が開発されつつある。弱溶剤形のエポキシ樹脂塗料、ポリウレタン樹脂塗料、ふっ素樹脂塗料等に用いられる有機溶剤は、フタル酸樹脂塗膜、塩化ゴム系塗膜を溶解若しくは膨潤させにくく、かつ刺激臭が少ない。弱溶剤形塗料とは、第3種有機溶剤を溶剤主成分とし、第2種有機溶剤が5%未満の塗料である。(注2(注2(注2(注2

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る