ALESCO
サイト内検索

詳細に検索するサイトマップGlobal Site
KANSAI PAINT CO.,LTD.
製品情報お役立ち情報スペシャル
業務用家庭用カタログ請求戸建・集合住宅塗替研究開発情報Kanpe Friends
会社情報・IR情報採用情報調達情報環境への取り組み お問い合わせ

自動車用塗料
自動車用塗料
新車用塗料
機能材料

新車用塗料

新車ボディの塗装について プラスチック部品の塗装について アルミホイールの塗装について 金属部品の塗装について

新車のボディーは、電着塗料と呼ばれる下塗り塗料、塗膜イメージ中塗り塗料、上塗り塗料を全部で3〜5層塗り重ねます。塗り重ねられた塗料の膜の厚さは約0.1mmと非常に薄いですが、その非常に薄い膜で、雨水などで車が錆びないようにする役割と、鋼鉄のボディーをとてもきれいな色に変身させる役割を果たします。

新車のボディーには、はじめに電着塗料が塗装されます。お化粧でいう下地です。電着塗料のもっとも大きな役割電着イメージはボディーの錆を防ぐことです。ボディーの内側までしっかり錆を防ぐために、電着塗料をプールのように大きな浴槽にためておいて、その中にボディーをまるごとつけてからカップラーメンのように約3分間電気を流して塗装します。

次にボディーの色がよりきれいに見えるように中塗り塗料を塗装します。お化粧でいうファンデーションです。そして、いよいよ最後に実際のボディーの色をつける上塗り塗料を塗装します。上塗り塗料の色は普通の白や赤といったソリッドカラーと、金属感のあるメタリックカラー、パールの輝きのあるパールカラーの3種類に分けられます。メタリックカラーやパールカラーの場合、ベースコート塗装の後で更にツヤを出すために透明なクリヤーを塗装します。つまり、上塗り塗装を2回行います。お化粧でいえばベースコートがチーク、クリヤーがパウダーに当たります。
焼付けイメージ電着塗料、中塗り塗料、上塗り塗料を塗った後、それぞれオーブンの中で140〜170℃の温度でボディーを焼いて塗料を乾かして塗膜にします。


Kansai Paint Co.,Ltd. All rights reserved.
当社ウェブサイトのご利用にあたって