ALESCO
サイト内検索
詳細に検索するサイトマップGlobal Site
KANSAI PAINT CO.,LTD.
製品情報お役立ち情報スペシャル
業務用家庭用カタログ請求戸建・集合住宅塗替研究開発情報Kanpe Friends
会社情報・IR情報採用情報調達情報環境への取り組み お問い合わせ

プレスリリース

平成16年11月17日
関西ペイント株式会社
PPGインダストリー社
米国PPG社と関西ペイント、自動車用塗料における提携を始動


関西ペイント株式会社(本社:大阪市、社長:世羅勝也)と米国PPGインダストリー社(本社:ペンシルバニア州 ピッツバーグ、会長兼最高経営責任者:レイモンド W. ルブッフ)は、両社が自動車用塗料をグローバルな自動車OEMメーカーに販売する具体的提携につき交渉を重ねて参りましたが、このたび交渉がまとまり提携を開始しますのでお知らせ致します。

合弁会社の名称は「PPG Kansai Automotive Finishes(ピーピージー カンサイ オートモーティブ フィニッシーズ、略称:PKAF)」で、米国と英国において設立手続きが完了したところであり、カナダ、メキシコ、フランスおよび日本においては登記手続きに入っており、早晩完了する見込みであります。

PPG社と関西ペイントは、この提携により、グローバルな自動車OEM業界の様々な要求や要件に対し、両社がスピーディーにかつ効果的に応じられるようになると考えております。

最初の第一歩として、北米とヨーロッパにおける日系自動車メーカーに力を注ぎます。次いでPPG社と関西ペイントは中国の上海、そして、その他のアジア諸国において、その地域の全ての自動車メーカーにサービスを提供するため、同様にマーケティング・販売活動を推進致します。また、PPG社と関西ペイントはワールドワイドなお客様の要望に応えるべく、共同で技術開発にあたります。

北米とヨーロッパの合弁会社の出資比率は、PPG社が60%、関西ペイントが40%となります。米国ではミシガン州トロイに北米総本社を、ヨーロッパでは英国バーミンガムにヨーロッパ総本社をおくことになります。日本にも合弁会社を愛知県内に設立する予定で、この会社にはPPG社と関西ペイントが50%ずつ出資致します。

北米・ヨーロッパのPKAFの社長には、リチャード J. リューラックが、またPKAF北米の副社長には福田光博、PKAFヨーロッパの副社長には水谷豊が就任する予定です。PKAFジャパンは 伊豆原正久が社長、渡辺雅夫が副社長に就任予定です。

米国ピッツバーグに本拠をおくPPG社は、自動車用塗料では世界のリーディング・メーカーであり、工業用塗料および缶包装用塗料のメジャーなグローバル・サプライヤーであります。加えて、PPG社は板ガラス、加工ガラス、長繊維ガラス、化学品類を製造しております。2003年の売上高は88億USドル(約9,400億円)であります。

大阪に本社がある 関西ペイントは1918年に創立され、日本および海外においてバラエティに富む製品を供給している、塗料のリーディング・カンパニーです。特に、日本ならびにインド、中国を含むアジアにおいて、関西ペイントは自動車用塗料のリーディング・サプライヤーであります。

以上


Kansai Paint Co.,Ltd. All rights reserved.
当社ウェブサイトのご利用にあたって